狭い机にデュアルディスプレイは不向き?シングルディスプレイで机の狭さが解決

私は記事を書くことで生計を立てています。

こういう仕事をしているからこそ作業環境には特別なこだわりがあるんですよね。

しかし、そのこだわりをも諦めなければならいほど私の机は狭い。

机の幅は70cmしかなく、今どきの小学生よりも小さな机を使っています。

「私は狭い机を使っていますが、工夫することで広くできます」という他サイトの記事がありますが、どうみても狭い机に見えません。

私の机を見てから記事書けよと文句を言いたいくらい。

狭い机を使っていてたどり着いた答えは、「狭い机にデュアルディスプレイは不向き」だということです。

狭い机にデュアルディスプレイは不向き?

狭い机にデュアルディスプレイが向かない理由は以下の通りです。

向かない理由
  • ただでさえ狭い机がさらにごちゃついて狭く感じる
  • 圧迫感がある
  • 小さなディスプレイしか置けない
狭い机にデュアルディスプレイ

上記の画像は数ヶ月前の机の状態です。

幅が70cmしかないので10インチ程度のミニディスプレイを使ってデュアルディスプレイにすることが最適でした。

10インチのサブディスプレイで調べ物をしながら、MacBookで記事を書くわけですが、画面が小さくストレスが溜まります。

小さい文字を目をこらして見るので目も疲れますし、左右に繰り返し首を振るので肩こりも悪化してしまいました。

モニターアームを使って大きなディスプレイを使うこともできますが、MacBookの画面が干渉してお仕事になりません。

机に資料を広げようにもスペースがなく窮屈です。

今までは「ネットビジネスをする者こそデュアルディスプレイで効率化を図れ」という考え方をしていましたが、狭い机を有効活用するために思い切ってシングルディスプレイに回帰することにしました。

シングルディスプレイで机の狭さが解決

シングルディスプレイに回帰するために用意したものは以下の通りです。

用意したもの
  • 27インチディスプレイ
  • ノートPCスタンド

※場合によってはHDMIケーブル等が必要になります。

大きな画面でストレスなく作業するために、70cmの机で幅が同等の27インチディスプレイを購入しました。

MacBookを閉じて外部ディスプレイに映し出すため(クラムシェルモード)、ノートPCスタンドもあわせて購入。

そして、新しく出来上がった作業環境が以下になります。

シングルディスプレイで机の狭さが解決1

ご覧の通り、机の使えるスペースの広さが一目瞭然ですよね。

ケーブルがごちゃつくのを防ぐために、Bluetooth接続できるキーボード(マジックキーボード)とマウスに変更したことでさらにスマートに。

キーボードを少しずらせば書類を置けるスペースもできます。

狭い机こそ大きな画面のシングルディスプレイをおすすめします。

シングルディスプレイにするメリット

もっとも気になる点は作業効率ですが、劇的に効率が上がりました。

まず、首への負担が減りました。

今までは左の画面で調べ物をして、次に右の画面で記事を書くという動作を繰り返すことにより、首への負担が大きくひどい肩こりに悩まされてきました。

シングルディスプレイにしたことで首を動かすことがなくなったため、少しずつ肩こりが楽になりました。

また、大きな画面を使うことで複数のウインドウを開いても窮屈に感じません。

ウィンドウを半々で表示させても違和感なく作業できています。

視線を動かす機会が減ったため、集中力が上がり記事を書くスピードも上がりました。

狭い机ながらようやっと自分が求める作業環境が出来上がったと感じています。

ブラックの机だと殺風景なので竹製のリストレストもあわせて購入してみましたが、机に木製の物があるだけで柔らかい印象になりますね。

シングルディスプレイにするデメリット

すでにディスプレイをお持ちの方ならほぼ無料でシングルディスプレイ化できますが、私のように新たに買う場合は多少お金がかかります。

MacBookのみに言えることですが、クラムシェルモードにしているので一度電源を落とすとMacBookを開く必要があります。

PCノートスタンドからいちいち取り出して開いてまたPCノートスタンドに戻すという作業をしなければなりません。

ただし、この問題はスリープ昨日を活用すると回避できます。

スリープにして就寝、翌朝キーボードを押してスリープを解除する流れです。

スリープにしたところで電気代は誤差程度しか変わりません。

まとめ

まとめ
  • 狭い机(70cm〜80cm)でデュアルディスプレイにすると窮屈すぎる
  • シングルディスプレイにすることで首への負担が減り作業効率が上がった
  • 机もすっきりし書類などを広げて作業できるようになった

ABOUT US

かおる
札幌市在住。 仕事はサイト運営・WEBライター。 結婚を機にすべての家具を通販で購入してからというもの、安くておしゃれな家具が手に入る通販に魅了されました。 10年に渡って収集した家具通販情報をご紹介しています。 趣味は家具通販サイト巡りと若作りです…。